バチカンNo.1

バチカンNo.1

ペンダントトップ本体に穴を開け、直接バチカンとなるCカンを通した場合です。
シンプルなバチカンになります。

バチカンNo.2

バチカンNo.2

ペンダントトップ本体に穴を開け、Cカンを通したバチカンですがCカンの継ぎ目部分をロウ付けという方法で加工し、継ぎ目部分をなくしています。
継ぎ目がなくなるのでバチカンからペンダントトップが落ちる心配がなくなります。
一番強度のあるバチカンになります。

バチカンNo.3

バチカンNo.3

ペンダントトップのデザイン、重さによってバチカンのサイズやバランスが異なります。
上記はチョーカーの革紐の直径に合わせて、横長のバチカンをペンダントトップ上部に加工したバチカンです。
ペンダントトップに厚みがありサイズも大き目なため、バチカンも強度があるものを取り付けています。

バチカンNo.4

バチカンNo.4

リング状のペンダントトップにはバチカンを取り付けず、直接チェーンや革紐を通す場合もあります。
上の画像は革紐を通し結んでいます。

バチカンNo.5

バチカンNo.5

リンゴのペンダントトップの上部に縦長のバチカンを取り付けたタイプです。
リンゴのデザインのためリンゴのヘタをイメージしています。

バチカンNo.6

バチカンNo.6

バスケットボールのペンダントトップの上部に、丸カンという金具を加工しその金具にCカンを2本通したバチカンです。

バチカンNo.7

バチカンNo.7

こクロスの上部に金具を加工し大き目のバチカンを作り取り付けています。
バチカンにはラインを彫金しています。

バチカンNo.8

バチカンNo.8

葉っぱのペアネックレスのバチカンは、葉っぱの上部を丸めてそのままバチカンにしています。
デザイン的に金具を加工するタイプよりも葉っぱのシルエットがきれいに見えます。

バチカンNo.9

バチカンNo.9

三日月の帯留め・ペンダントトップです。
帯留めにも使用できるため裏側に3分紐が通れるサイズの金具を加工しています。

バチカンNo.9-2

帯留めにもペンダントトップにも使用でき大変重宝します。

バチカンNo.10

バチカンNo.10

雲のネックレスのバチカンは裏面に2カ所取り付けています。
デザイン的に1つよりも2つのバチカンを取り付けたほうがバランスがいい場合は、バチカンを2つ加工します。

バチカンNo.11

バチカンNo.11

裏面に1つのバチカンが加工されています。

バチカンNo.11-2

裏面に金具がついているので花びらの輪郭がきれいに見えます。

バチカンNo.12

バチカンNo.12

ペンダントトップ本体の左右に穴を開け直接チェーンを通すタイプです。

バチカンNo.13

バチカンNo.13

横長のペンダントトップの左右の金具を通し各金具にそれぞれチェーンを取り付けたタイプです。バチカンが無いデザインになります。

バチカンNo.14

バチカンNo.14

バチカンの種類やデザイン、サイズによって全体のバランスも違ってくるため完成度も全く異なります。

バチカンNo15

オーダーメイドの場合はバチカンの種類によってもお値段が異なります。

バチカンNo.15

オーダーメイドでペンダントトップ、ネックレスなどをご検討の場合はオリジナル商品、またはオーダーメイドの作品などをご参考にバチカンの種類をご検討ください。