シンプルな模様なしの銀の鈴のペンダントトップです。円形に切り落とした地金を叩き半球を2つ作り1つの鈴に仕上げています。表面仕上げは燻し仕上げ(古美仕上げ)で黒真珠のような色合いです。制作時間がとてもかかっています。

バチカンにはアクセントに両端にラインを入れています。鈴の中の銀の玉もsilver製です。

ペンダントトップのみの販売です。チェーン、チョーカーは付属しておりませんので、お手持ちのチェーン、革紐などに通して身に着けてください。

黒真珠のような銀の鈴

黒真珠のような銀の鈴

黒真珠のような銀の鈴

詳しくはこちら